あのときの

1995-08-19

[]堤防の上

茂木蓉子 小学6年生 1995-08-19 17:00

お母さんにお兄ちゃんの働いてるとこ見たいと言ったら、「花火大会なんて人混みに蓉子を連れていけないわよ」と言われてしまいました。だけどお兄ちゃんの彼女数美さんが「準備の時ならそんなに混んでないと思いますよ。なんだったら、私が一緒に行きますけど。」と言ってくれたので、お母さんは渋々許してくれました。


この時間になると、暑さも和らいでいい風が吹いてきます。

菊待川の堤防の上から今夜の花火打ち上げ場を眺めていると、数美さんが声をかけてきました。

「ほら、あそこに数樹いるじゃん。」

私もお兄ちゃんを探してたのに、先に見つけられてしまったようです。なんかくやしい。


お兄ちゃんは、せわしく働いています。と思ったら、周りの人に2,3度頭を下げて、こちらに駆けてきました。

「先輩に『彼女が来てるぞ』って言われちゃったよ。」

「あはは、ごめんね。」

「いや別にいいんだけどさ、こっちこそごめんな、蓉子のお守りさせて。」

「いいよいいよ別に、仲良しだもん──」

ねー、と顔を私に向けて言います。

私は返事はせず一度うなずきました。


「お兄ちゃん、つかれた?」

「今からが本番なんだから、疲れてる暇なんてないよ。」

そういって私の頭をグシャグシャと撫でてくれました。

「よ、男前っ!」

「おうよ、まかしときな!」

そんなふうに二人は軽口を交わして、笑っています。

「今夜は蓉子に聞こえるようにでっかい花火上げてやるからな。」

上河原煙火店」と染め抜かれた法被の襟を正しながら、お兄ちゃんはそう言いました。なんだか誇らしげです。

「新米さんがあんまりいばらないでくださーい!」

「うっせーよ、お前は。んじゃあ、もう戻るわ。蓉子気ぃつけて帰れよ。」

和美さんと私にそんな言葉を残して、お兄ちゃんは行ってしまいました。

帰りに、ぽつぽつと出はじめていた夜店で数美さんが風船ヨーヨーを買ってくれました。

オレンジ色に青の水玉模様のヨーヨーは、ボヨンボヨンと音がしました。