センチメンタル☆ユニバース このページをアンテナに追加 RSSフィード

2001年9月22日 土曜日

[]食卓を囲む 13:51 食卓を囲む - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上ふみ 高校2年生 2001-09-22 20:15

週末、土曜の夜。たよりちゃんが帰ってきた。

「毎週帰ってくることにするよ」と、たよりちゃん。

たよりちゃんは隣町のパン屋で働いていて、おみやげにパンを持ってきてくれた。焼き立てだったらもっとおいしいらしい。

たよりちゃんは「みんなでたべましょう」と言って袋を広げたのがおかしくて、あや姉とわたしは笑った。いつものたよりちゃんなら、食べようよ、くらいの感じなのに。

食べましょうなんて言ったことなかったじゃん、たよりちゃん、お嬢様みたいだよと私が笑ったら、たよりちゃんはすこし照れた。仕事場ではそんな口調なの?

わたしがミートパイを手にとって、あや姉が胡桃の練りこんであるパン、最後にたよりちゃんがチョコの入っている白くてふかふかのやつ。

「いくつか惣菜パンを、お父様に残しておきましょう」

「ええ、そうしましょう」

「あ、胡桃が歯に挟まってしまいましたわ」

わたしたちはそんなくだらないことをしゃべって笑った。この夜をずっと記憶に留めておこうと、わたしは思った。

2001年9月13日 木曜日

[]もぐりこむ 13:49 もぐりこむ - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上ふみ 高校2年生 2001-09-13 00:20

すっきりと目が覚めて、時計を見ると、まだ30分しか経過していなかった。身じろぎもせず、ふたたびたよりちゃんのイメージを喚起しようと思ったけどうまくいかなかったので、トイレへ行って、おしっこをして、手を洗って。

で、今夜が4回目だった。1週間のうちに4回って、ちょっと多い。

あや姉の布団に無言でもぐりこむのが、もう4回目。

最初はチリチリするほど恥ずかしかったけれど、もう慣れました、慣れましたとも。

あや姉の右腕の内側に割って入って、下から3番目くらいの肋骨のあたりに顔をくっつける。

くすぐったいですよと、あや姉は寝ぼけた調子で言って、わたしの体に右腕を乗せた。

ふみちゃん、あの子どうしたの、ほら本屋のバイトで一緒の。あの話、またしてよ」

おとといの夜に、こうやってもぐりこんだときの話題だ。

佐野くんは駅前の書店のバイトで、隣の高校に通っていて、よく勤務の日が重なるんだけど、なぜか、あや姉は、佐野くんのことを聞きたがる。

わたしはだんだん落ち着いてきて、ゆったりした気分で、その日に起こったことを報告する。

佐野くんとレジに立っていて、でもお客さんがいなかったので、ふたりで紙のカバーを折ってストックを作っていて、そして佐野くんはすばやくていねいにカバーを折れる器用さを持っていて、佐野くんはカバーを折るのが上手だね、自分はカバーを折る作業が好きなのだけれどへたくそで悲しい、そういうふうに佐野くんと会話をしたのです、話を聞き続けるあや姉は、ふむふむと相槌を打ちながら、掌を動かして、ぱたぱたとわたしの背中を優しく叩き、そしてわたしはだんだん眠くなっていった。深い淵に落ちる寸前に、あや姉の声が聞こえたのを覚えている。あんたほんと不器用だもんねえ。

その夜は初めて佐野くんが夢に出た。出てきやがった。夢で佐野くんはわたしのことをかわいいって言った。言い放ちやがった。でもそれは、以前たよりちゃんがわたしのことをかわいいって言ったのと同じ口調だったので、たぶんたよりちゃんが佐野くんの姿を借りて現れただけなのかもしれない。そしてわたしは謙遜でなく、自分の顔かたちを好きでなかったので、かわいくないですと言った。言ってやりました。

2001年9月12日 水曜日

[]眠くなる 13:47 眠くなる - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上ふみ 高校2年生 2001-09-12 23:50

絶対に、どこにも行かないでなんて言わない。

絶対は絶対に存在しないけど絶対に言わない。

家族って言っても、そのうち別れて暮らすのは当たり前なんだ。


ここのところ非常に騒がしいけどわたしは世界の出来事が上の空だった。

たよりちゃんが実は貯金を続けていて、相談なしに部屋を借りて、この家からいなくなって1週間。メールのやりとりはしている。電話でも話した。姿を見ていないだけだ。

たよりちゃんがいつのまにか涙を見せなくなって、もう何か月経つだろう、最後に泣いてたのはいつだっけ、そのぶんわたしに泣き虫の分担が回ってきたように思える。

その証拠に、理由もないのに泣く。たよりちゃんが泣いていたのには、たいてい原因がなかったから(すくなくともわたしには、そう見えた)、悲しい感情と関係なく涙があふれてくるのは、たよりちゃんの涙が伝染してきたのかなと思うわけだ。

悲しくはない。これは誰かに聞いてもらってもいいけど、わたしがたよりちゃんに依存していたわけでも、もちろんないと思うから、どうして自分が泣いているのかわからず、どこかそんな自分を客観的に楽しんでいるようなところさえあるわけで、心配されるようなことではないのだけど。

相変わらず父さんの帰りが遅いので、あや姉とふたりの食卓になるのだが、このときはまだいい。起きているときは、たよりちゃんがいないことも、きっと出かけているのだろうとか、隣の部屋にいるのだとか、そういうふうに無意識のうちに思いこんで抑えておくことができる。

ただ、夜になって、蛍光灯を消して布団に入ってじっとしていると、この静かな町の静かな建売2階建て築23年の木造建築に、静かなたよりちゃんがいないことが、あらためて静かに強く実感されるのだ。

瞼を閉じるとなおさら。

視覚で確認できる明るいときに不在を感じないで、目をつぶっているときに感じるとは、どういうことだろう。

暗い中にもやもやと赤黒い光が現れ、それがうごめいている向こうに焦点を合わせると、瞼の裏は次第に明るさを増して、たよりちゃんの姿が見えてくる。

次々と湧くイメージのたよりちゃんは、やはり居間に座っていたり、音を立てずに食器を洗っていたり。そうか、深夜の静寂が、たよりちゃんのことを想起させるのかな、と私は考えながら眠くなる。

1995年8月19日 土曜日

[]バッグを運ぶ バッグを運ぶ - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

上河原文昭 中学3年生 1995-08-19 20:35

自転車のふたり連れとすれ違う。

すれ違うとき、何か食べている少年が、目の細い少年に向かって、

「俺たちって親切だよなー! キューピッドちゃんだよなー!」

と叫んでいるのが聞こえた。

気楽なもんだ。あいつらも受験する時期がきたら、あんなに能天気でいられなくなるんだろう。

今のうちだ。今のうちに親切でも何でもしておくといい。


そんなことより、だ。

今は、この革のバッグをどうにかしなくちゃいけない。

花火大会が行われているので、ふだんの夜より町はにぎやかだ。


http://school-days.g.hatena.ne.jp/./comnnocom/19950819/p1

[]目撃する 目撃する - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上あや 小学6年生 1995-08-19 20:35

松野の自転車を見つける。とたんに、胸がさわぎだす。

境内からは木が邪魔をして花火を見るどころではないので、石垣の上の細い道を通って神社の裏を一周してみようと思った。

公太郎が言っていたのは、きっとここだろう。


ほどなくして見つかった松野の背中に声をかけようとして、とっさに息をのむ。

松野の隣に、あさがおの浴衣を見つけたからだ。

学校では神経が太いと思われていて、実際そう言われたり、そう振舞ったりしているのだけれど、実際のわたしはそんなもんじゃないと、このとき、本当に、実感した。


[]静寂が戻る 静寂が戻る - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

松野敬久 小学6年生 1995-08-19 20:35

3発打ちあがったあと、ほぼ同時に5発が打ちあがった。そして静寂が戻る。

誰も来ない高台、絶好の花火スポット。

ブーヤンは「菊待川花火大会」と書かれたうちわを持ち歩くほど楽しみにしていたのに、腹を壊したらしい。どうせ西瓜の食べすぎだろうと思う。

夜9時にフィナーレの予定だから、そろそろ来ないと間に合わないのだが、公ちゃんは姿を現さない。

そもそも公ちゃんがこの場所教えてくれたんだぞ?


そして、頭がいっぱいになってしまってよくわからないんだけど、なぜ僕の隣にこの人がいるんだっけ?

あさがおの浴衣を着て、石垣に腰掛けている、うちの家庭教師


[]出会う 出会う - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上あや 小学6年生 1995-08-19 20:15

帯はおばさんが来て結ってくれた。ひまわりの浴衣はたより姉のお下がりだった。

「おい河上!」

呼び止められた。誰だかすぐにわかった。公太郎だった。あいかわらず目が細い。

一緒にいるのは渋谷。あいかわらず何か食べている。

いつも松野と一緒にいるふたりだから、自然に目が松野を探してしまう。そのことに気づいて恥ずかしくなる。自分に言い訳をする。打ち消す。

わたしが立ち止まると2台の自転車もわたしのそばに止まった。

河上さー、ちょっと頼みがあるんだけど。松野に伝えてくんねえ? 俺ら、河川敷に行ってるからって」

松野の名前を聞いて、すこし目を見開いてしまった。気付かれて……、ないか。こいつらバカだし。

「あんたたちが呼びに行けばいいでしょうが」

「そういうわけにもいかないんだよー」

渋谷が口に入れたまましゃべる。

ブーヤンは黙ってろ」

公太郎渋谷をさえぎって言った。

「だいたい……」そこでわたしはちょっとだけ口ごもってしまう。「だいたい、松野、どこにいるのか知らないし」

公太郎渋谷が顔を見合わせる。

松野なら、この上にいるよ。神社の裏! ほら、行くぞブーヤン

公太郎が自転車河川敷のほうへ下っていく。

「あー、待てってば! ちょっと公ちゃん!」


松野が、今近くにいる。

1995年7月17日 月曜日

[]ひとりで歩く ひとりで歩く - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上あや 小学6年生 1995-07-17 16:45

お寺の裏の細い道をひとりで歩いた。生け垣の向こうにひまわりが咲いている。わたしのワンピースと同じ色。あとちょっと時間が経って、夕方になって赤く染まると、少しオレンジがかって見えるところもきっと同じなんだろう。

日焼けした肌が痛んだ。髪の毛や体から、プールのにおいがした。


[]一緒に歩く 一緒に歩く - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上あや 小学6年生 1995-07-17 16:40

帰り道、わたしの名前を呼ばれた。すぐわかった。松野の声だった。声に反応して体中が熱くなった。松野のことばかり考えているから、罰が当たったと思った。

「あのさあ、河上さあ、次の水泳の時間、リレーがあるじゃん。アンカーになっちゃったから50メートルなんだよ。うまいターンのしかた、教えてくんない?」

それだけでもすごくうれしかった。よくわたしに聞いてくれたと思った。同じ学年の他の男子に聞かず、わたしに聞いてくれる松野。男子とか女子とか、あまり気にしない松野

松野と話しながら、少し歩いた。ターンのしかたについて話し終わると、あとはしばらくふたりとも黙ってしまった。わたしは中学受験のことが聞きたかったけど、どうやって切り出したらいいかわからなかった。わたしが松野を好きな気持ち、そのニュアンスまで松野はわかってくれるだろうか。いろいろ考えているうちに、松野の家の前に着いた。

「じゃあな。サンキュー河上


[]病院へ向かう 病院へ向かう - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

茂木蓉子 小学6年生 1995-07-17 15:35

今日は検査をしに病院に行く日なので、あやちゃんと帰れなくて残念。学校の近くまでお母さんに車で迎えに来てもらって、そのまま病院に向かうのです。

車に乗っているあいだじゅう、お母さんはお兄ちゃんの彼女の悪口を言い続けていました。お母さんにとって、お兄ちゃんの彼女はお兄ちゃんを奪い取る敵のようです。私は嫌いじゃありません。いろんなことを知っているし、洋楽について教えてくれるからです。


[]思い浮かべる 思い浮かべる - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上あや 小学6年生 1995-07-17 15:30

ヨーコちゃんとは、校門で別れた。ヨーコちゃんは、お母さんと国道で待ち合わせをしているので、病院の日は方向が逆になるから一緒に帰れない。そういえばヨーコちゃんはわたしに水着を買い換えれば? って言ってたっけ。小さくなった水着。スイミングでは競泳用のを着ているけど、学校ではみんなと同じ水着。4年生の時から着ている水着。恥ずかしいけど、この夏で最後の水着。

プールの最中は、ずっと松野を見てた。もしかしたら気付かれちゃうんじゃないかと心配したけど、全然そんなことなかった。松野、泳ぐことに熱中していて、他のどんなことも見えていないみたいだった。

わたしは、泳ぐのが好き。どこに行くにも泳いで行けたらいいのにと思う。地球温暖化で海水面が上昇して、クロールで登下校することを思い浮かべる。

自分の手が水をつかんで、脚が水をつかんで進むこと。うまく説明できないけど、そのおこないに、すばらしい充実感がある。それだけなんだけど、それはすごいことなんだ。

小さいころからスイミングスクールに通っていたわたしは、辛いことも嫌なことも全部、泳いで吹き飛ばしていた。スイミングに通うこと自体とか、コーチとか他の生徒も嫌で嫌で仕方なかったけど、それすらも泳ぐことで忘れることができた。ぜんぶ忘れてしまえば、毎日元気でいられる。

松野も忘れたいことがあるんだろうか。噂では、私立の中学を受験するらしいけど。


[]憤慨する 憤慨する - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

茂木蓉子 小学6年生 1995-07-17 11:05

「おい茂木、見学の理由はセーリだろ」

「こないだも見学だったよな。こいつ毎日セーリなんじゃねえの?」

本当に、この人たちは無知で粗野で、どうしようもないと思います。たぶん一生、何も考えないまま過ごすんだろうと思います。男子の全員がそうじゃないけれど。

たとえば松野くん。あやちゃんはきっと、松野くんが他の男子とちょっと違うところを好きなんだろうと思います。松野くんはあやちゃんをどう思っているんだろう。松野くんを目で探すと、泳ぎ終わって端から上がるところでした。松野くんの水泳帽から肩から腕から勢いよく水が流れ落ちていきました。熱くなっているプールサイドのコンクリートに、次々と黒い染みができ、それぞれが広がっていきました。しばらく見ていると、松野くんは誰とも口をきかず、黙々と泳いでいます。あやちゃんに対して悪い気がしたので、松野くんの観察はそこでやめました。


[]見学する 見学する - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

茂木蓉子 小学6年生 1995-07-17 10:45

水泳の授業を見学しているのは、私ひとりでした。日陰にずっと座っていても、みんなが泳いでいる姿を見ていると飽きません。たまに水しぶきも飛んでくるし、第一、疲れないのがいい。

校舎のほうから、たまに大きな声が聞こえる。あれは宮尾先生の猫みたいな声だ。名字の「宮尾」と猫の鳴き声「みゃお」が似ているなと、そのとき初めて気がつきました。

あやちゃんが私の前を通るときに、濡れた手で私の顔に触れました。冷たくて心地よかった。あやちゃんは私と違い、とても元気な子です。マジックで「河上」と縫いつけられている水着も、きゅうくつそう。

「もう6年生だから、買い換えるのももったいないよ」

あやちゃんは、そう言って笑いました。

明るい場所をずっと眺めていると、目が変になる。すぐ後ろでセミが鳴き始めたので、視線を戻したら、真っ暗で、しばらく何も見えませんでした。ようやく慣れたころに、実は私が木漏れ日の中にいることがわかりました。葉っぱのすき間からのぞく、たくさんの小さな光は、全部お日さまのかたちをしていました。


[]くりかえす くりかえす - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

松野敬久 小学6年生 1995-07-17 10:40

体育は水泳だった。クロールで25メートル泳いで、プールサイドを歩いて戻る。順番を待って、また泳ぐ。繰り返し繰り返し。全身がだるくなってくるけど、悪い気分じゃない。

飛び込み台に立つと、校舎のほうから大勢の笑い声が聞こえた。きっと低学年の教室だろうと、なんとなく思い浮かべた。


[]汗をかく 汗をかく - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

松野敬久 小学6年生 1995-07-17 08:05

教室に入ると、窓際の席で河上茂木が向かい合って、1冊の雑誌を一緒に見ていた。俺を見て河上

「あー、松野だ」

と言った。名前を呼ばれたが、だからといって何か用事があるわけではないらしい。

茂木は座ったまま、こっちを向いて微笑んだように見えた。茂木はあまりしゃべらないのでよく知らない。

ふたりは再び雑誌に目を落とした。

ランドセルを下ろすと、汗で背中がぐっしょり濡れているのがわかった。

まだ男子は誰も来ていないようなので、どこか風通しのいいところで背中を乾かそうと思った。そのうち公ちゃんとかブーヤンが来るだろう。

朝から暑かった。

comnnocomcomnnocom2006/06/19 21:35いちおう、こっちからのトラックバックは見出しごとに送れますよ。
うちのコメントに書いてくれたのは、こういう意味じゃなかったですか?

extrameganeextramegane2006/06/20 02:46受け取るほうが日付ごとになっちゃうてことすかね?

LinkLink青春☆ユニバースの作品はフィクションです。
実在の人物・団体・事件などには一切関係ありません。