センチメンタル☆ユニバース このページをアンテナに追加 RSSフィード

1995年8月19日 土曜日

[]バッグを運ぶ バッグを運ぶ - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

上河原文昭 中学3年生 1995-08-19 20:35

自転車のふたり連れとすれ違う。

すれ違うとき、何か食べている少年が、目の細い少年に向かって、

「俺たちって親切だよなー! キューピッドちゃんだよなー!」

と叫んでいるのが聞こえた。

気楽なもんだ。あいつらも受験する時期がきたら、あんなに能天気でいられなくなるんだろう。

今のうちだ。今のうちに親切でも何でもしておくといい。


そんなことより、だ。

今は、この革のバッグをどうにかしなくちゃいけない。

花火大会が行われているので、ふだんの夜より町はにぎやかだ。


http://school-days.g.hatena.ne.jp/./comnnocom/19950819/p1

[]目撃する 目撃する - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上あや 小学6年生 1995-08-19 20:35

松野の自転車を見つける。とたんに、胸がさわぎだす。

境内からは木が邪魔をして花火を見るどころではないので、石垣の上の細い道を通って神社の裏を一周してみようと思った。

公太郎が言っていたのは、きっとここだろう。


ほどなくして見つかった松野の背中に声をかけようとして、とっさに息をのむ。

松野の隣に、あさがおの浴衣を見つけたからだ。

学校では神経が太いと思われていて、実際そう言われたり、そう振舞ったりしているのだけれど、実際のわたしはそんなもんじゃないと、このとき、本当に、実感した。


[]静寂が戻る 静寂が戻る - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

松野敬久 小学6年生 1995-08-19 20:35

3発打ちあがったあと、ほぼ同時に5発が打ちあがった。そして静寂が戻る。

誰も来ない高台、絶好の花火スポット。

ブーヤンは「菊待川花火大会」と書かれたうちわを持ち歩くほど楽しみにしていたのに、腹を壊したらしい。どうせ西瓜の食べすぎだろうと思う。

夜9時にフィナーレの予定だから、そろそろ来ないと間に合わないのだが、公ちゃんは姿を現さない。

そもそも公ちゃんがこの場所教えてくれたんだぞ?


そして、頭がいっぱいになってしまってよくわからないんだけど、なぜ僕の隣にこの人がいるんだっけ?

あさがおの浴衣を着て、石垣に腰掛けている、うちの家庭教師


[]出会う 出会う - センチメンタル☆ユニバース を含むブックマーク

河上あや 小学6年生 1995-08-19 20:15

帯はおばさんが来て結ってくれた。ひまわりの浴衣はたより姉のお下がりだった。

「おい河上!」

呼び止められた。誰だかすぐにわかった。公太郎だった。あいかわらず目が細い。

一緒にいるのは渋谷。あいかわらず何か食べている。

いつも松野と一緒にいるふたりだから、自然に目が松野を探してしまう。そのことに気づいて恥ずかしくなる。自分に言い訳をする。打ち消す。

わたしが立ち止まると2台の自転車もわたしのそばに止まった。

河上さー、ちょっと頼みがあるんだけど。松野に伝えてくんねえ? 俺ら、河川敷に行ってるからって」

松野の名前を聞いて、すこし目を見開いてしまった。気付かれて……、ないか。こいつらバカだし。

「あんたたちが呼びに行けばいいでしょうが」

「そういうわけにもいかないんだよー」

渋谷が口に入れたまましゃべる。

ブーヤンは黙ってろ」

公太郎渋谷をさえぎって言った。

「だいたい……」そこでわたしはちょっとだけ口ごもってしまう。「だいたい、松野、どこにいるのか知らないし」

公太郎渋谷が顔を見合わせる。

松野なら、この上にいるよ。神社の裏! ほら、行くぞブーヤン

公太郎が自転車河川敷のほうへ下っていく。

「あー、待てってば! ちょっと公ちゃん!」


松野が、今近くにいる。

LinkLink青春☆ユニバースの作品はフィクションです。
実在の人物・団体・事件などには一切関係ありません。