ガイドライン::書き方

ガイドライン::書き方

目次

基本的なこと

見出しのつけ方などシステム面については、はてなグループのヘルプをごらんください。

すべて覚えなくても平気です。最初は興味のあるところだけ読んでください。

グループ日記の書き方

自由に書こう

基本的には自由です。一人称でも三人称でも大丈夫です。

ただし、長く楽しむためにはトラブルを減らしたいので、各参加者常識に照らし合わせて、災難を呼び寄せないよう気を遣ってくれるとうれしいです。

オープンでいこう

グループ日記の詳細設定、「公開設定」は「パブリック (だれでも閲覧ができます)」を選ぶことをおすすめします。

グループ日記カテゴリを作ろう

ひとりの視点で書いてもいいですが、複数の視点で書くときは、カテゴリを設定すると、読みやすいです。

カテゴリを指定すれば、ひとりの人物の視点だけを追えるようになるからです。

カテゴリの名前は人名でも構いませんし、「○○の視点」のように文章になっていてもわかりやすいと思います。また「○○する男」のように、その視点全体をイメージさせるタイトル代わりに機能させてもいいと思います。

関連する記事にリンクを貼ろう

はてな内であれば、それだけで相手の記事にトラックバックしたことになります。

はてな外の記事に対してリンクさせる場合は、トラックバックしましょう。

トラックバックが必要な理由は、つながっている記事同士をリンクできることと、「つながってる記事を書いたよ」と教えることができるからです。

さらに、トラックバックトピックツリーに反映されるので、トピックツリーから閲覧しやすくなる利点もあります。

カレンダーに記入しよう

グループ日記を書いたら、その日付のカレンダーに、登場人物を書き入れましょう。

そうすることで、最新の記事が追加されたことを把握しやすくなります。

カレンダーへの記入方法は「カレンダーの書式」を見てください。

キーワード化されている単語を入れてみよう

キーワード化されている言葉や、カレンダーの日付(0000-00-00)を文中に入れると、ちょっとだけ便利かもしれません。

小見出し

**0000-00-00(日付)00:00(時刻)

や、文章の最後に

[[(人物名キーワード1)]] [[(人物名キーワード2)]] [[(場所名キーワード)]]

など。

スマートなやりかたを誰かが見つけたら、それを真似するという方向で進めたいと思います。

最初に「これだ!」というルールは作らないことにします。

文中のリンクを反映させよう

キーワードが先に存在する場合は、グループ日記中の単語からキーワードへのリンクがする成立します。

しかし、日記が先でキーワードが後に作成された場合は、リンクが貼られません(これは待てば貼られるのだろうか要確認)ので、日記を投稿したときのように再度「この内容を登録する」を実行する必要があります。

このとき「ちょっとした更新」にチェックを入れないでください(で、いいのかな要確認)。

余計なことを書こう

意味深な登場人物や、不必要な描写など、普通創作作法で嫌われるようなことでも、このグループでは役に立つことがあります。

読んだ人に対し「あそこにつなげて書いてみたい!」と思わせるような餌を見せておくと、ほどよく絡み合った創作になるんじゃないかなと思っています。

カレンダーの書式

登場人物の名前をカレンダーに書きこんでみよう

日記を書いたら、その日記の日付のカレンダーに、登場人物の名前を書きこんでみましょう。

ログインした状態でカレンダーの日付をクリックすると、カレンダーの中身が編集できます。

カレンダー編集画面

*[(ID)](人物名)

と書くと、その日付のキーワードが、キーワード一覧のトップに上ってきます。

誰についての文章が、その日付で書かれているのか、わかりやすくするためのコツです。

「*」印は見出しを作るための記号ですから、その見出しの下に、感想メモを記入すると便利かも。

自分が書いた以外の文章でも、書きこんだほうがいいなと思ったら、気づいた人がやっても構いませんよ。

日記でその人物を出した人の ID を書いておくと、誰がその日付を詳細に記述しているのか、視覚的にわかりやすくなります。

カレンダーの特定の日付へ簡単に移動してみよう

トップページキーワードフォームは新規キーワード作成にも使えますが、すでに存在するキーワードへの移動にも便利です。

特定の日付を入力してみてください。まだ誰も書き込んでいない日付を入力した場合は新規作成のための画面へ移動しますし、すでにある日付の場合は、編集画面に移動します。

キーワードの書式

新しいキーワードを作ろう

トップページキーワードフォームで新規キーワードを作ることができます。

また、グループ日記キーワードの文中、掲示板などで

[[(人物名)]]

と書くと更新後に「?」マークが表示されます。これをクリックすることで新規キーワードを作成することができます。

項目については、同じカテゴリのほかのキーワードを参考にするといいと思います。

キーワード編集しよう

その人物について書かれた記事を読んで、もし興味をもったら人物名のキーワードを書き加えてみましょう。

すでにある項目以外でも、思いつき次第、新しい項目を作ってみましょう。

たとえば

*A さんが描いた B さんの似顔絵

のような、イラスト要素があってもいいかもしれません。

キーワードの種類

人物名のほかに、団体名や施設名、動物の名前もあります。

新しいカテゴリを思いついたら、作ってみてください。

あしかタスク管理)の書き方

みんなのアイデアを寄せ集めよう

よせあつめアイデア

このグループの文章を読んで思いついたアイデアは、なるべくひとりでためこまず、みんなと共有してみませんか。

よせあつめアイデアに項目を追加して、記録してみましょう。

ひょっとしたら、あなたのアイデアを誰か別の人が文章にするかも。

誰もしてくれなかったら、自分でやっちゃいましょう。

思いついたことを書こう

たとえば

河上」と「上河原」の名字で使われている文字が似通っていることから何か事件が起こったりしませんかねえ

のように、気づいたことを書いておくと、誰かが回収して文章にしてくれるかもしれません。

処理したらボックスを移動しよう

あしかタスクを処理した人は「終わった」ボックスに入れておきましょう。

面白かったら GJ コメントをしておきましょう。

保留するときは理由を書こう

これを実現するのは難しいんじゃないの? というときは、「ペンディング」のボックスを利用します。このボックスに入れるときは保留する理由を書いて、ほかの参加者意見をあおいでみたらどうでしょう。

このグループ創作するときに役立つかもしれない情報

TIPS

LinkLink青春☆ユニバースの作品はフィクションです。
実在の人物・団体・事件などには一切関係ありません。