春狩(仮題)

1992-07-08

[]バイバイバイク

1992-07-08 00:28 田辺昌也 小学5年生

負けたー。

タダッチはおでこにタンコブ。うわー。マンガ見てー。

アッチャンは鼻血が出てる。ちょっと涙も出てる。

イチバは柵に座って、顔が見えない。タイマンでは橋本に負けてなかったイチバは、俺たちがヤラれて3対1でボコボコにされた。

「強いのぅ5年坊。でも囲まれたらどんな強くても勝てんやろ」

「……タイマンなら負けてない」

「ほたら、わし1人ん時狙ってこい。でも最初に勝ったのはわしじゃから、2回目以降はレート下がるけどのー」

憎たらしい言葉を残して、橋本は去った。

みぞおちをヤラれて動けない俺は、口だけ動かした。

「イチバ、見える?」

「いやまだ」

何も言うことがなくなった。みんな喋らなかった。

負けるのはよくあるけど、こんな雰囲気は初めてだった。

アスファルト冷てー。星すっげー。

思っても、口に出せない。なんかもっと言うことあるはず、って探しちゃう。

明日、イチバは転校する。

同じ県内だけど、荒川の向こう、行ったこともない遠くへ。

そのへんの雑草に八つ当たりしてたタダッチが、柵の上に立って言った。

「ベンチの上、なんかあるぞ」

展望台のベンチには、ちょっとした屋根がついていて、高さとか形がみんな違う。芸術らしい。昔よく昇って遊んだ。その中で一番高い屋根の上で、笹の葉が揺れていた。

アッチャンがちょっと笑った。

「笹じゃん。なんか、ようけ短冊がついとるな」

「そいや、和泉さやかが言うてたよな。『天の神さまからよう見えん願いはかなわーん!だから高いとこで願わんとあかーん!』て」

「誰か真に受けたんかい。確かにここがいっちゃん高いやろけど」

タダッチが「見てやろう」とベンチに昇ろうとする。

「やめとけ」

振り返らないでイチバが言う。

「悪趣味やろ」

「もう遅ーい。昇ってまうもーん」

その時、アスファルトを唸り声が伝わってきた。

体を起こす。

「きたでー!」

柵に駆け寄る。タダッチもアッチャンもやってくる。

「ほんまか?」

「何も見えんぞ?」

国道に目を凝らすと、カーブを曲がって、ヘッドライトの集団だ。

「きた」

暴走族だった。エンジン音が鳴り響いた。

ゆるみそうな口元を必死で抑えて、にやっと渋い笑顔に見えるよう気をつけた。でもみんなゆるゆるして、多分僕もそうで、あんまり意味がないのかもしれなかった。

誰かがポツリと言った。

「かっこええなぁ」

ずっと遠くを、暴走族は走りぬけた。あれ?もう?ってくらいあっけなく。心臓はすごくドキドキして、体中のアザがジンジン痛かった。

エンジン音が遠ざかっていく。もう光は見えない。かすかに音だけが聞こえた。

同じくらいかすかに、イチバが言った。

「強くなろうな。俺おらんでも負けんな」

タダッチがにやっと笑った。

「イチバも1人で負けんなや」

「夏休みにはチャリのって行くで、それまでにイチバンなっとらな笑うで」

「ぬかせ。泣き虫アッチャンがぁ」

「泣いとらへんわー!」

そんでイチバは、かっこいい笑いでにぃと笑った。引越しが決まって始めて。

俺はまだそんな風にかっこよく笑えなくて、にやっと笑って、早くバイク乗りてーなーとか思っていた。そしたら遠いところなんてないのに。

1992-07-07

[]さようならなんてちゃんと言えない

1992-07-07 23:17 和海さやか 小学5年生

また会うときになんかちょっと恥ずかしくなっちゃうから。

また会えないのにお別れのことばっか思い出しちゃうから。

そんでも拙くても、さようならってちゃんと言ったほうがいいのかな。わかんないや。


短冊に「元気で!」って書いて、展望台に置いてきた。

じゃあね。

忘れるよ。

思い出すよ。

もう寝るよ。

明日はプールのテストで、25メートル泳がなくちゃいけないんだ。

でもなんだか今夜は、ざわざわした夜。

静かだけど遠くで何か鳴っているような。

目を閉じれなくて、カーテンをずっと見てた。

網戸を抜けた風で、さらさら揺れていた。

[]俺虎みたい。ドロップキック!殴るぞ。

1992-07-07 23:52 多田国男 小学5年生

「おうおうおーう。何してケツかんでんねんコラ」

夜。暗い。道に。光。ライト。自転車。Beletchのマウンテンバイク。

6年生の橋本たちだ。強い。

「うっさいボケ。なんのようじゃい」

慌てて身構えちゃった僕たちとは違って、イチバはじっと6年生をにらんでる。メンチの切り方がちゃんとしてる。負けないように、僕も、アッちゃんも、ナベもガンをつけた。

「なんやー5年かー別にお前らガキにようはないわ」

マウンテンバイクにまたがって、橋本はにぃと笑っている。イチバににらまれてるのに。後ろの2人の6年生も。怖い。

でも、イチバが言ってた。「笑ってる顔をさらす奴は、すぐ泣く奴と同じくらいかっこわるい」

だからぼくは、目と奥歯にぐっと力をいれる。

「ようがなきゃ、出てけ」

「出てけって!出てけって!」

「展望台はみんなのものですー」

後ろの6年生がはしゃぐ。橋本だけは笑ったまま、目がすっと細くなった。

「気合はいっとんなー。5年坊」

「はっ。お猿さんの橋本クンは、中学行く前に九九覚えなきゃ。て、コバセンに言われとんのやろ。とっとと帰れって」

「ふふーん。ぼくぅ、イキがっとんのー。ボテクリまわしちゃろかーい」

橋本が自転車から降りようとする。

走った。俺虎みたいに。で、ドロップキック!

後ろのノッポに当たって、自転車もろとも倒れた。けど、橋本はチャリ捨てて避けていた。

まずい。立たなくちゃ。やられる。

「石投げとんのは誰じゃボケー!」

橋本はこっちに来なかった。助かった。

「おれじゃ!アラショーの一番、イチバさまじゃ」

「は。一番てワシは負けた覚えないで」

「ほたら今負かしたるわ」

イチバに橋本が殴りかかった。

「コラくそがぁ!」

ようやく立ち上がったでかい方の6年がなんか言う。言う前にかかってこいよ。ヘタレが。

チビのほうをチラッと見る。アッちゃんとナベが一発目をいれていた。

そんでぼくは安心して胸倉をつかむ。ひっぱる。さあ今から。殴るぞ。