春狩(仮題)

 | 

1992-07-07

[]さようならなんてちゃんと言えない

1992-07-07 23:17 和海さやか 小学5年生

また会うときになんかちょっと恥ずかしくなっちゃうから。

また会えないのにお別れのことばっか思い出しちゃうから。

そんでも拙くても、さようならってちゃんと言ったほうがいいのかな。わかんないや。


短冊に「元気で!」って書いて、展望台に置いてきた。

じゃあね。

忘れるよ。

思い出すよ。

もう寝るよ。

明日はプールのテストで、25メートル泳がなくちゃいけないんだ。

でもなんだか今夜は、ざわざわした夜。

静かだけど遠くで何か鳴っているような。

目を閉じれなくて、カーテンをずっと見てた。

網戸を抜けた風で、さらさら揺れていた。

 |